トピックス

天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会の結果

平成29年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会が

12月16日(土)、17日(日)に東京体育館にて行われ、

KUROBEアクアフェアリーズ、JTマーヴェラスと対戦しました。

 

 16日のKUROBE戦では徹底したサーブで相手チームを崩し、小田選手や髙橋選手の

緩急をつけた攻撃で得点を重ね1セット目を先取します。

2セット目以降も、相手チームのミドルブロッカーを中心とした展開の速い攻撃に

苦しむ場面もありましたが2、3セットと連取し、ストレートで勝利しました。

 

 17日のJT戦では、渡邊選手のサービスエースや荒木選手のブロックで勢いに乗り好スタートを切ります。

相手チームの攻撃に対してしっかりとワンタッチを取り、自分たちの攻撃に繋げ1セット目を先取します。

2セット目は髙橋選手の活躍が光りますが失点が重なりセットを落とします。

3セット目はお互い激しい打ち合いとなりますが、荒木選手、竹田選手が相手エースのスパイクを止め、

さらに勢いに乗るクインシーズ。4セット目は髙橋選手やネリマン選手のスパイクも冴え、

3-1でJTに勝利し準決勝進出を決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【安井選手コメント】

天皇杯・皇后杯ではKUROBEアクアフェアリーズ、JTマーヴェラスと対戦しました。

「絶対に勝ちたい!」というチーム全員の気持ちもあり準決勝に進出することができました。

優勝するために、もう一度気を引き締めて、チーム一丸となり頑張ります!

今後も熱い応援をよろしくお願いします!

 

 

 

今週は大田区総合体育館にて、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会が開催されます。

12月23日(土) 15:00~  準決勝戦(NECレッドロケッツ)

12月24日(日) 17:00~  決勝(相手未定)

の予定です。

クインシーズへの温かいご声援を、よろしくお願いします!!

PAGE TOP