トピックス

天皇杯・皇后杯バレーボール選手権大会 9年ぶりの優勝!!

平成29年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会準決勝、決勝が

12月23日(土)、24日(日)に大田区総合体育館にて行われました。

 

 準決勝のNEC戦では、課題としていたサーブで相手チームを崩しワンタッチを取ってから

良いリズムで攻撃に結びつけることができました。2セット目に崩れてしまう場面もありましたが、

セッター・比金選手が落ち着いたトスワークでスパイカーの力を引き出しセットカウント3-1で

勝利し、決勝戦へと駒を進めました。

 

 決勝戦の相手はデンソーエアリービーズ。序盤から相手チームのブロックに阻まれ、なかなか流れを掴めません。

荒木選手やネリマン選手のブロックで追いつきますが1セット目を落とします。

2セット目もリードを許し相手チームを追いかける展開となりますが、終盤に長いラリーを制し逆転に成功すると、

最後は髙橋選手のブロックが決まりセットを取り返します。

激しいラリーの応酬となった3セット目を接戦の末連取しますが、4セット目は落としてしまいます。

勝負の最終セットは榊原選手や竹田選手の好レシーブから勢いに乗り、荒木選手もスパイクにブロックに

勝負強さを発揮します。相手チームのマッチポイントで平松選手がダイレクトスパイクを決めピンチを救うと

最後はネリマン選手の気迫のこもったスパイクが連続で相手チームのブロックを弾き飛ばし、

大接戦の末勝利し、9年ぶり2度目の優勝を果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【平松選手コメント】

「最後の一点まで絶対にあきらめない」「このメンバーで勝ちたい」全員がその思いをもって戦いました!

応援してくださった皆さんの思いが私たち選手の励みになり、力となり優勝することができました。

優勝した時の喜びは最高でした!この喜びを再びリーグ戦で味わう為にも

もう一度しっかり準備をして年明けの試合を迎えたいと思います。

今年も温かいご声援、ありがとうございました!

 

 

天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会で9年ぶり2度目の優勝を果たす事が出来ました。

これもひとえに日頃からご支援、ご声援をいただいているファンの皆様、会社の従業員の皆様、

関係する全ての方々の支えがあったからとチーム一同感謝致しております。

年明けから再開するリーグ戦でも優勝目指しチーム一丸となり戦いますので、

クインシーズを引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

 

PAGE TOP