トピックス

刈谷市長へ優勝の報告に伺いました

刈谷市・竹中市長へ天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会の優勝報告に伺いました。

 

竹中市長からは「9年ぶり2度目の優勝おめでとうございます。大接戦を制し見事栄冠を勝ち取られた事を

大変うれしく思います。この優勝を励みに、リーグ戦での活躍を期待しています。頑張って下さい!」

と、お祝いのお言葉を頂戴しました。

その後、チームから多治見監督、キャプテン・髙橋選手より試合の感想などのお話をさせていただきました。

最後は竹中市長、多治見監督、髙橋選手で記念撮影をし、優勝の報告を終えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹中市長はじめ関係者の皆様、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

今後も市民の皆様から応援していただけるチームを目指し、日々活動していきます。

2018年1月20日(土)、21日(日)にはウィングアリーナ刈谷でホームゲームが開催されます。

是非たくさんの方々にお越しいただき、クインシーズへのご声援をいただきます様よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

優勝報告会が開催されました

12月25日(月)に、社長をはじめ役員、選手所属部署部長、職場の皆さん、たくさんの社員の方々にご参加いただき、

天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 優勝報告会が開催されました。

 

増井社長からは「女子バレーボール部の皆さん、皇后杯優勝おめでとうございます。

フルセットの激戦を制し、9年ぶり2度目の優勝、本当にうれしく思います。

これも多治見監督の指導のもと、厳しい練習を積み、チームワークを発揮した結果の栄冠だと思います。

大変お疲れ様でした。」と、温かいお言葉を頂戴しました。

その後、チームから多治見監督、キャプテン・髙橋選手、ネリマン選手がそれぞれ登壇し、

日頃の感謝の言葉、今大会の報告をしました。

会場には決勝戦の動画も流され、参加された方々と一緒に再度優勝の喜びに浸りました。

 

最後は応援団が登場し、参加者全員より「クインシーズコール」、「優勝おめでとう!!」と

祝福していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末のお忙しい中、たくさんの方々にご参加いただきチーム一同大変感謝致しております。

年明けからすぐにV・プレミアリーグが再開します。

この優勝を自信に変え、更にレベルアップしたクインシーズをお見せ出来る様

チーム一丸となり戦って参ります。

引き続きトヨタ車体クインシーズへのご支援、ご声援をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

天皇杯・皇后杯バレーボール選手権大会 9年ぶりの優勝!!

平成29年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会準決勝、決勝が

12月23日(土)、24日(日)に大田区総合体育館にて行われました。

 

 準決勝のNEC戦では、課題としていたサーブで相手チームを崩しワンタッチを取ってから

良いリズムで攻撃に結びつけることができました。2セット目に崩れてしまう場面もありましたが、

セッター・比金選手が落ち着いたトスワークでスパイカーの力を引き出しセットカウント3-1で

勝利し、決勝戦へと駒を進めました。

 

 決勝戦の相手はデンソーエアリービーズ。序盤から相手チームのブロックに阻まれ、なかなか流れを掴めません。

荒木選手やネリマン選手のブロックで追いつきますが1セット目を落とします。

2セット目もリードを許し相手チームを追いかける展開となりますが、終盤に長いラリーを制し逆転に成功すると、

最後は髙橋選手のブロックが決まりセットを取り返します。

激しいラリーの応酬となった3セット目を接戦の末連取しますが、4セット目は落としてしまいます。

勝負の最終セットは榊原選手や竹田選手の好レシーブから勢いに乗り、荒木選手もスパイクにブロックに

勝負強さを発揮します。相手チームのマッチポイントで平松選手がダイレクトスパイクを決めピンチを救うと

最後はネリマン選手の気迫のこもったスパイクが連続で相手チームのブロックを弾き飛ばし、

大接戦の末勝利し、9年ぶり2度目の優勝を果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【平松選手コメント】

「最後の一点まで絶対にあきらめない」「このメンバーで勝ちたい」全員がその思いをもって戦いました!

応援してくださった皆さんの思いが私たち選手の励みになり、力となり優勝することができました。

優勝した時の喜びは最高でした!この喜びを再びリーグ戦で味わう為にも

もう一度しっかり準備をして年明けの試合を迎えたいと思います。

今年も温かいご声援、ありがとうございました!

 

 

天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会で9年ぶり2度目の優勝を果たす事が出来ました。

これもひとえに日頃からご支援、ご声援をいただいているファンの皆様、会社の従業員の皆様、

関係する全ての方々の支えがあったからとチーム一同感謝致しております。

年明けから再開するリーグ戦でも優勝目指しチーム一丸となり戦いますので、

クインシーズを引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

 

天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会の結果

平成29年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会が

12月16日(土)、17日(日)に東京体育館にて行われ、

KUROBEアクアフェアリーズ、JTマーヴェラスと対戦しました。

 

 16日のKUROBE戦では徹底したサーブで相手チームを崩し、小田選手や髙橋選手の

緩急をつけた攻撃で得点を重ね1セット目を先取します。

2セット目以降も、相手チームのミドルブロッカーを中心とした展開の速い攻撃に

苦しむ場面もありましたが2、3セットと連取し、ストレートで勝利しました。

 

 17日のJT戦では、渡邊選手のサービスエースや荒木選手のブロックで勢いに乗り好スタートを切ります。

相手チームの攻撃に対してしっかりとワンタッチを取り、自分たちの攻撃に繋げ1セット目を先取します。

2セット目は髙橋選手の活躍が光りますが失点が重なりセットを落とします。

3セット目はお互い激しい打ち合いとなりますが、荒木選手、竹田選手が相手エースのスパイクを止め、

さらに勢いに乗るクインシーズ。4セット目は髙橋選手やネリマン選手のスパイクも冴え、

3-1でJTに勝利し準決勝進出を決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【安井選手コメント】

天皇杯・皇后杯ではKUROBEアクアフェアリーズ、JTマーヴェラスと対戦しました。

「絶対に勝ちたい!」というチーム全員の気持ちもあり準決勝に進出することができました。

優勝するために、もう一度気を引き締めて、チーム一丸となり頑張ります!

今後も熱い応援をよろしくお願いします!

 

 

 

今週は大田区総合体育館にて、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会が開催されます。

12月23日(土) 15:00~  準決勝戦(NECレッドロケッツ)

12月24日(日) 17:00~  決勝(相手未定)

の予定です。

クインシーズへの温かいご声援を、よろしくお願いします!!

Vプレミアリーグ2LEG JT戦、3LEG 久光製薬戦の結果

2017/18V・プレミアリーグ佐賀大会が

12月9日(土)、10日(日)に佐賀県立総合体育館にて行われ、

JTマーヴェラス、久光製薬スプリングスと対戦しました。

 

 9日のJT戦では、序盤から接戦となりますが中盤にリードされた点差を縮める事ができず

1セット目を落とします。2セット目は中屋選手や途中交代で入った山上選手のサービスエース、

荒木選手のブロックポイントで流れを引き寄せますが、終盤に失点が続きセットカウントは0-2となり、

3セット目も序盤は良い流れでしたが、徐々に相手チームのペースに引き込まれストレートで敗れました。

 

 10日の久光製薬戦では、相手チームのサーブに崩されたところを修正できず、

1セット目を先取されます。2セット目は荒木選手のサーブで相手を崩し、竹田選手や髙橋選手の

巧みなスパイクで得点を重ね、粘り強い守備で相手のミスを誘いセットを取り返します。

3セット目を落とし、ネリマン選手を中心とした攻撃で大接戦の末、4セット目を取り返しますが、

5セット目はサーブレシーブを乱され、惜しくもフルセットで敗れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【榊原選手コメント】

佐賀大会の2戦は、1位・2位の上位チームとの対戦でした。

誰が入ってもクインシーズらしいバレーができるように全員で勝ちに行きましたが、

勝負どころでの1点を取り切れず勝利には結び付きませんでした。

年内のリーグ戦は一旦終了となりますが、年明けよりさらに一体感のあるバレーを

していけるように日々、練習に取り組んでいきたいと思います。

温かいご声援、よろしくお願いいたします。

 

 

 

今週は東京体育館にて、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会が開催されます。

12月16日(土) 13:00~  2回戦(KUROBE対九州文化学園の勝者)

12月17日(日) 13:00~  準々決勝

の予定です。

クインシーズへの温かいご声援を、よろしくお願いします!!

Vプレミアリーグ2LEG 上尾戦、久光製薬戦の結果

2017/18V・プレミアリーグ加古川・尼崎大会が

12月2日(土)、3日(日)に加古川市立総合体育館・ベイコム総合体育館にて行われ、

上尾メディックス、久光製薬スプリングスと対戦しました。

 

 2日の上尾戦では、序盤から相手チームに大きくリードを許し1セット目を落としますが、

ネリマン選手を軸とした攻撃と荒木選手の要所でのブロック、榊原選手と竹田選手を中心とした

粘り強い守備で2セット目を取り返します。3セット目を落としセットカウント1-2となりますが、

4セット目を取り返し勝負はファイナルセットへ。5セット目はお互い手に汗握る熱戦となりますが

最後は中屋選手の強烈なスパイクが決まり勝利しました。

 

 3日の久光製薬戦では、山上選手が高さを活かしスパイカーにうまくトスを回し得点を重ねます。

接戦のまま終盤へと入りますが、久光製薬の安定した守備から繰り広げられる攻撃に一歩及ばず

1セット目を落とします。2セット目は相手チームのサーブに崩され劣勢に立たされるクインシーズ。

ネリマン選手の攻撃を中心に反撃を試みますが最後まで相手チームのペースを崩すことができず

ストレートで敗れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【山上選手コメント】

今週も熱いご声援ありがとうございました。

連勝が続いている久光製薬スプリングスに対して勝利する事は出来ませんでしたが、

挑戦者として最後まで全員で攻め続けることを忘れずにプレーできていたと思います。

先週の反省を活かし、今週に繋げていきたいと思います。

これからもご声援よろしくお願いします。

 

 

今週は佐賀県総合体育館にて、

12月9日(土) 15:00~  JTマーヴェラス

12月10日(日) 15:00~  久光製薬スプリングス

と対戦します。

クインシーズへの温かいご声援を、よろしくお願いします!!

 

PAGE TOP