トピックス

Vプレミアリーグ ファイナル3 久光製薬戦の結果

2017/18V・プレミアリーグ ファイナル3熊本大会が

3月3日(土)、4日(日)に熊本県立総合体育館にて行われ、

ファイナルの出場権をかけて久光製薬スプリングスと対戦しました。

 

 土曜日の1戦目は、ブロックアウトやコースを狙ったスパイクも相手チームのブロックに苦しみ

切り返される場面が多く厳しい展開となります。戦術的なサーブや荒木選手の安定したスパイクで

攻めますが全セット20点目以降、相手チームを崩し切れずストレートで敗れました。

 

 日曜日の2戦目は、何としても勝利しゴールデンセットに持ち込みたいクインシーズ。

序盤は鋭いサーブで崩し接戦となりますが、相手チームのブロックを利用したスパイクや

落ち着いた攻撃により、思うように試合を運べません。

髙橋選手やネリマン選手を中心に粘り強く攻め、リードする場面もありましたが相手チームのブロックを

打ち崩せず逆転を許します。それでも声を掛け合い必死にボールを繋ぎますが、一つ一つのプレーが

安定した久光製薬スプリングスを崩す事が出来ず終始ペースを握られる展開となりストレートで敗れ、

2017/18Vプレミアリーグを3位で終えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【荒木選手コメント】

ファイナル進出をかけて、選手、スタッフ、チーム一丸となって準備をしましたが、

残念ながらファイナル3で私たちの戦いは終わってしまいました。

今シーズン、ここまでチームとして大きく成長してこれたのも、いつもサポートしてしてくださる会社の皆様、

応援してくださる方々のおかげだと感じています。今シーズンの悔しさを忘れずにもっと強くなれるように

また頑張っていきます!応援よろしくお願い致します。

 

 

 

Vリーグ開催期間はたくさんのご声援をいただき心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

今後は5月に開催される黒鷲旗大会での優勝へ向けてチーム一丸となり練習に励んで参ります。

引き続き、トヨタ車体クインシーズへのご声援をよろしくお願い致します。

PAGE TOP