トピックス

2018女子バレーボール世界選手権

2018女子バレーボール世界選手権(世界バレー)が9月29日~10月20日に開催され、

全日本女子チーム・火の鳥NIPPONは第1次ラウンド~第2ラウンドを7勝2敗の2位で通過し

第3次ラウンドに臨みましたが、セルビア(今大会優勝)とイタリア(今大会準優勝)に敗れ、

その後5位6位決定戦ではアメリカに惜敗し、今大会を6位で終了しました。

 

 

 

荒木絵里香選手

『世界バレーではたくさんの応援、ありがとうございました。

世界のトップのチームに勝つために、チームとしても個人としても

もっと強くなれるように頑張ります!

すぐにV.LEAGUEも始まるので、トヨタ車体クインシーズの一員として、

新リーグの初代チャンピオンになれるように全力を尽くします。』

 

 

 

内瀬戸真実選手

『世界バレーではたくさんの応援ありがとうございました。

6位という悔しい結果に終わりましたが、たくさんの事を感じ、学んだ大会になりました。

この気持ちを忘れずに、V.LEAGUEでは優勝目指して頑張ります。

引き続き応援よろしくお願いします!!』

 

 

 

大会期間中はたくさんのご声援をいただきありがとうございました。

今後も荒木選手と内瀬戸選手の活躍にご期待下さい。

 

詳しくはこちら 

 https://wchs2018.jva.or.jp/

PAGE TOP