トピックス

V.LEAGUE Division1 NEC戦、KUROBE戦の結果

2018-19V.LEAGUE金沢大会が11月10日(土)、11日(日)に金沢市総合体育館にて行われ、

NECレッドロケッツとKUROBEアクアフェアリーズと対戦しました。

 

10日のNEC戦では、1セット目序盤から一進一退の攻防が続きますが、中盤以降荒木選手のサーブやネリマン選手の

スパイクなどで点数を引き離し先取します。

2セット目は、渡邊選手のサーブで勢いをつけ、山上選手の多彩なトスワークでリードを広げます。

中盤、点差を縮められるも最後はブロックとディグが機能しセットを連取します。

3セット目は、内瀬戸選手と渡邊選手のブロックが立て続けに決まり、更に内瀬戸選手のスパイクなどで得点を重ね

3セット目も連取し、3-0のストレートで勝利しました。

 

11日のKUROBE戦では、1セット目序盤はミスが重なり相手チームにペースを握られセットを落とします。

2セット目は、序盤からリードするも相手チームの粘り強いレシーブや効果的なサーブで点数を縮められますが、

交代で入った藪田選手の活躍や、ネリマン選手、髙橋選手のスパイクで点数を重ねセットを取り返します。

続く3セット目、両者譲らない一進一退の攻防の中、終盤には比金選手からのコンビプレー、

そして渡邊選手のサービスエースなどで勢いに乗り、セットを連取します。

4セット目、荒木選手、渡邊選手の両ミドルブロッカーのスパイクが要所で決まり、

セットカウント3-1で勝利しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【山上選手コメント】

今週の2戦では相手チームにリードされる場面もありましたが、崩れても控えの選手が代わって

カバーする事で流れを自分たちのものにすることができ、チームの勝利に繋がったと思います。

今週の刈谷のホームゲームでは、課題をきちんと修正し、ホームで皆さんと喜びを

分かち合いたいと思います。是非会場にお越しいただき、熱いご声援を宜しくお願いします。

PAGE TOP