トピックス

V.LEAGUE Division1  JT戦、PFU戦の結果

2018-19V.LEAGUE富山大会が2月9日(土)、10日(日)に黒部市総合体育センターにて行われ、

JTマーヴェラス、PFUブルーキャッツと対戦しました。

 

2/9(土) vs JTマーヴェラス

【1セット目 25-27】

内瀬戸選手のレフトからのスパイク、荒木選手の速攻などで好スタートを切ったクインシーズ。

村永選手のブロックアウトやネリマン選手のバックアタックも決まり8-4でテクニカルタイムアウトを迎えると、

渡邊選手の移動攻撃や山上選手のサービスエースでさらにリードを広げます。

終盤、相手チームの強烈なスパイクで追い上げられ、守備の乱れを立て直すことができずセットを先取されます。

 

【2セット目 22-25】

出だしから相手チームのブロックと粘り強いレシーブに苦戦します。セッターに比金選手を投入し、

村永選手のブロックアウトやネリマン選手の軟打を織り交ぜた攻撃で得点を重ねます。

相手チームのスパイクやサーブに守備を崩されますが、ブロックアウトやサービスエースで点差を縮めます。

ネリマン選手の力強いスパイクで追いつきますが、相手チームのスパイクを止められずセットを落とします。

 

【3セット目 19-25】

序盤から相手チームのテンポの早い攻撃を決められリードを許します。藪田選手のスパイクや

内瀬戸選手の相手ブロックを利用したスパイクで追い上げを図りますが、スパイクミスなど失点が続き、

最後まで自分たちの流れを作ることができずセットを落とし、セットカウント0-3で敗れました。

 

 

2/10(日) vs PFUブルーキャッツ

【1セット目 25-18】

序盤は一進一退の攻防となりますが、村永選手や内瀬戸選手のスパイクが光りリードします。

山上選手の速いトスワークでアタッカー陣を有効に使い、1セット目を先取します

 

【2セット目 25-20】

相手チームのエースの高い打点からのスパイクとブロックに苦しめられリードを許しますが、

荒木選手のサービスエースで流れを作り、渡邊選手のブロックポイントや移動攻撃追いつきます。

村永選手の攻守にわたる活躍と荒木選手のブロックで相手チームの攻撃を封じ、セットを連取します。

 

【3セット目 25-19】

序盤は激しい点の取り合いとなりますが、渡邊選手のスパイクや内瀬戸選手のブロックで流れを引き寄せます。

ピンチサーバーで入った小田選手もサーブで攻め、最後は内瀬戸選手のスパイクが決まり

セットカウント3-0で勝利しました。

この結果、通算36ポイントとしファイナル8進出が決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【渡邊選手コメント】

JT戦では何としても勝利し3ポイント取りたかった試合でしたが、自分達のミスも多く

リズムを作ることが出来ずに負けてしまいました。

PFU戦では苦しい場面もありましたが、スタッフ・ベンチ外の選手も含め皆で切り替えて戦い勝つ事ができました。

今週のデンソー戦で勝利し、ファイナル8に良い形で繋げる為に勝ち方にもこだわって全員で頑張ります。

引き続きご声援をよろしくお願い致します。 

 

 

今週は西尾市総合体育館(愛知県西尾市)にて、

2月17日(日) 13:00~  デンソーエアリービーズ

と対戦します。

クインシーズへの温かいご声援を、よろしくお願いします!!

PAGE TOP