トピックス

2018-19V.FINALSTAGE ファイナル8 JT戦、埼玉上尾戦

2018-19V.FINALSTAGE ファイナル8福岡大会が3月16日(土)、17日(日)に福岡市総合体育館にて行われ、

JTマーヴェラス、埼玉上尾メディックスと対戦しました。

 

 

3/16(土)vs  JTマーヴェラス

【1セット目 20-25】

渡邊選手の移動攻撃を積極的に使い相手チームの守備を崩しますが、相手チーム外国人選手の

強烈なバックアタックに苦戦し、リードを奪われます。途中交代した比金選手がサービスエースを取り、

ネリマン選手のスパイクで追い上げますがセットを先取されます。

 

【2セット目 22-25】

一進一退の攻防が中盤まで続き、小田選手が攻守に渡る活躍を見せますが、相手チームの

際どいコースを狙ったスパイクに崩されます。ネリマン選手のスパイク、荒木選手のブロックなどで

追い上げますが差は縮められずセットを連取されます。

 

【3セット目 24-26】

後のない3セット目、佐藤選手の体を張った守備と、荒木選手のスパイクなどで1411とリードします。

渡邊選手のサービスエースでセットポイントを迎えますが、その後勝負所で逆転を許し、

24-26でセットを落としセットカウント0-3の悔しいストレート負けとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3/17(土)vs  埼玉上尾メディックス

【1セット目 25-17】

序盤からシーソーゲームとなりますが、村永選手のスパイクなどが決まりリードを広げます。

渡邊選手が2連続でブロックポイントを取り、内瀬戸選手の多彩なスパイクで得点を重ねセットを先取します。

 

【2セット目 28-26】

相手チームの高さのある攻撃に安定したブロックで対応し、山上選手のサーブで連続ポイントを取ります。

後半に追い上げられデュースにもつれこみますが、最後はネリマン選手のポイントでセットを連取します。

 

【3セット目 25-17】

渡邊選手や荒木選手のブロックが要所で決まり、終始主導権を握ります。ネリマン選手のサービスエースで

さらに勢いを増し、最後は村永選手のキレのあるスパイクが決まり、セットカウント30で勝利しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【小田選手コメント】

JT戦では試合開始からリズムが掴めずセットを連取され、相手チームの勢いを止めることが出来ず敗れました。

埼玉上尾戦では絶対勝つという強い信念を持ち、際どいサーブで相手を崩し最後まで気を緩めることなく

ストレートで勝利を掴みました。

ファイナル3に向け今まで積み上げてきたものを発揮出来るよう、全員で準備していきます。

引き続きクインシーズへのご声援をよろしくお願いします!

 

 

今週はゼビオアリーナ仙台(宮城県仙台市)にて、

3月23日(土) 13:30~  東レアローズ

と対戦します。

クインシーズへの温かいご声援を、よろしくお願いします!!

 

 

 

PAGE TOP