トピックス

退団選手のご挨拶

   平素より、トヨタ車体クインシーズへ温かいご声援をいただきありがとうございます。

『第68回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会』をもちまして、佐藤澪選手、比金桃子選手、小田桃香選手の退団が決定いたしましたのでご挨拶申し上げます。

 

【佐藤澪コメント】

この度、トヨタ車体クインシーズを退団することになりました。

4年間、大変お世話になりました。

内定の時期より出場機会をたくさん与えていただき、貴重で素晴らしい経験をさせていただきました。バレーを通じて、たくさんの仲間と出会い、目標に向けて一丸となって戦うことができたのは、これからの人生においても素晴らしい財産となりました。約2年前には右足の大きな怪我で長期離脱をしてしまい、チームには迷惑をかけてしまいましたが、無事に回復し復帰することができました。関わって下さった皆様には大変感謝しております。沢山の方々の支えや応援があってこれまで頑張ることができました。

本当にありがとうございました。

今後は新たな場所で私らしく、挑戦していきたいと思っております。

これからもトヨタ車体クインシーズへの温かいご声援を宜しくお願い致します。

 

       

 

 

    

 

    

 

      

 

 

 

【比金桃子コメント】

今シーズンをもちまして、現役を引退することを決意しました。

今シーズンは、2017/18シーズン以上の成績を目指して取り組んでまいりましたが、天皇杯皇后杯・Vリーグともに前シーズンの成績を上回ることはできませんでした。大きな期待、たくさんのご声援をいただきました皆様には大変申し訳なく、悔やまれます。

17年間、一途にバレーボールの道を探求してまいりましたが、今後はビジネスの世界に挑戦の場を移し、精進してまいります。ゼロからの出発になりますが、社会のお役に立てる仕事をできるように、これまで通り努力をしてまいりたいと思っております。

今後も、トヨタ車体クインシーズ、そして選手たちに温かいご声援をいただけたら幸いです。

最後に、17年間、御指導いただきました先生方、そしてともにプレーをしてくれたたくさんの仲間たち、温かいご声援を送りいただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

      

 

      

 

      

 

      

 

 

 

【小田桃香コメント】

今まで温かいご声援ありがとうございました!

小さい頃、夢に見ていたV.リーガーに本当になれるとは思ってもいませんでした。

そんな私がここまで来れたのも、今まで親身になって指導してくださった恩師や、どんな時も一番の味方で支えてくれた家族や、バレーボールに集中できる環境を作ってくださったスタッフや会社の方々、いつも笑顔で声援を送ってくださったファンの方々のおかげです。

長いようで短いバレーボール人生18年間、ありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

思い返せばトヨタ車体クインシーズでたくさんの思い出ができました。

内定時には入れ替え戦ギリギリの試合が続き、緊迫した中に楽しさを感じたり、創部以来初のリーグ3位入賞や天皇杯優勝の喜びをみんなで分かち合えたり、もちろん嬉しい、楽しいことばかりではなく、辛く苦しいこともありましたが、一緒にいる仲間と共に悩み、本気でバレーボールに取り組み、他愛のないことで笑いあいながら、過ごした日々は私にとって宝物です。

バレーボールを通じてできた人脈や人を思う気持ちを今後の人生にも生かしていきたいと思います。

これからもトヨタ車体クインシーズの応援よろしくお願いします!!

本当にありがとうございました!

 

      

 

       

 

      

 

      

 

在籍中はたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

PAGE TOP